弁護士 猪野亨のブログ |

このブログは12月17日に閉鎖となります。 移転先 http://inotoru.blog.fc2.com/

司法試験合格者数が2000人を超えたことについて

2013.09.12 Thu

13:14:22

 今年の司法試験合格発表が9月10日にありました。
 合格者数は2049名と今年も2000名を超えました。極めて問題のある合格者数です。
 法科大学院制度擁護のためだけの司法試験合格数の維持は極めて問題です。
 あの法科大学院制度を擁護する立場の日弁連ですらも今回の司法試験合格数については「平成25年司法試験最終合格発表に関する会長談話」の中で「急増ペースに沿うものであり極めて遺憾」としました。

 先般7月16日には法曹養成関係閣僚会議において3000人を目標を撤回したばかりですが、それ以前からこの3000人目標については現実味がないと酷評され(司法審意見書が出された2001年6月の時点で予想されていたことですが、それはさておき。)、2012年4月には総務省が公表した評価においても、次のように述べられていました。
3,000人の合格目標は未達成であるが、国民の立場からは、未達成による大きな支障は認められない。一方、現在の2,000人規模の増員を吸収する需要の顕在化はなく、弁護士の供給過多により就職難が発生し、OJT不足による質の低下が懸念

 そのためには今年度からは大幅に合格者数を減らすことが必要でした。
 もちろん、それが実現された場合には、現在、司法試験を受験している人たちにとっては多大な負担となります。
 北海道新聞2013年9月11日朝刊記事には、受験者の声として「その場しのぎではなく明確な対策を練ってほしい。受験生をもてあそんでいる気がする。」と紹介されています。
 受験生にとってみれば当たり前のことです。法科大学院がどうなろうが、司法試験合格後の就職があろうがなかろうが自分が合格するかどうかこそが一番の問題だからです。
 その意味では合格者数が「変動」するということになれば自分が合格するかどうかの不安により志望者離れを引き起こす要因の1つにはなります。
 ただ現実問題として2000名は合格させるからという約束などどこにもありません。今回の2000名合格も言ってみれば政策的なものです。
 この水準に達していたから2000名を合格させたというのではなく、最初から2000名を合格させるという政策なのですから、「合格水準に達していたのに落とされた!」という事態は存在し得ません。
 また2000名を合格させてくれるからというだけで法曹を志望するというのも安易でしょう。既に2000名の「法曹」を吸収するだけの社会的需要はありませんし、合格できれば何とかなるという発想であるならば自分さえ合格できればいいんだという発想と同じでしかなく、制度を考える上では検討にも値しません。
 しかも、その根本問題は、法科大学院課程を修了しなければ司法試験を受験できないということにあります。この制度があるから足かせになるのです。

 法科大学院制度にとっても厳しい状態となりました。今回の結果は上位校とそれ以外の差が明確に現れました。
 合格率順の順位表(PDF)
 こうみると、法科大学院制度を維持するにしても10校程度で足りることになります。東京、関西、中部だけということでしょうか。
(北海道大学法科大学院も統廃合の対象??)
 次の表は、合格率順に並べたものに、募集停止を決めたところ、補助金削減の対象になったところに印をつけたものです。
 募集停止、補助金削減校一覧(PDF)

 適正配置といってみたところで、結局は都市部にしか人材は集まりません。
 適正配置と質の確保は両立するものではなく、最初から無理があったのです。
法科大学院 適正配置を考慮した統廃合・定員削減は可能か
 かつて地方の弁護士会が適正配置を求めて共同声明を出したことがありました。
法科大学院の地域適正配置についての11弁護士会会長共同声明
 ここで名前が上がっているのは、
静岡県弁護士会、長野県弁護士会、新潟県弁護士会、広島弁護士会
島根県弁護士会、熊本県弁護士会、鹿児島県弁護士会、宮崎県弁護士会
沖縄弁護士会、香川県弁護士会、愛媛弁護士会
ですが、この単位会があるところの法科大学院をピックアップすると、次の表です。

順位補助金削減校最終合格合格率
26新潟大法科大学院1018.9%
27広島大法科大学院1918.8%
28琉球大法科大学院618.8%
29香川大法科大学院518.5%
34島根大法科大学院416.7%
40熊本大法科大学院714.3%
49信州大法科大学院510.0%
69静岡大法科大学院13.4%
71鹿児島大法科大学院12.9%


 法科大学院制度こそが地方の足かせになっていることを知るべきです。
法科大学院制度こそ地方を崩壊させる

 マスコミの論調では、法科大学院を避け、予備試験に流れる傾向があるのは問題だというものがありますが、全く理解しかねる主張です。
 未だに法科大学院制度の「理念」を振りかざすだけの人たちがいることに驚きますが、美辞麗句だけを並べただけの使い古した「理念」を未だに声高に叫び、法科大学院制度を守りたいというだけのものでしかありません。そもそも法科大学院制度に「理念」など存在しないのです。
法科大学院制度における「プロセス」ってなあに?
 
 法科大学院では人格教育みたいな「理念」が声高に叫ばれていますが、人格教育は、初等教育で行われるべきもので、法科大学院に結びつけること自体、無理があるというか、こじつけも甚だしいものなのです。
 法科大学院廃止に向け、そして司法試験合格者の減員に向けて、一層、がんばりましょう!


ブログランキングに登録しています。
クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

オススメ情報

コメント

6965 弁護士なのになぜ法科大学院を維持しようとするのか

普通にシンプルに考えてくださいよ。学年一桁で教授何十人ってどんな学校なんですか?
誰がこの先生たちの報酬を払うというのですか?
「経営判断の原則」という考え方は働かんのですか?

6968

今回の記事に関して言えば、ほぼ全面的に賛同です。
全く異論もありません。
ただ、それだけですが、ロー制度批判はとても有難いです。

6969

どのような対策を施しても一度、難易度が大幅に下がった関門に再び優秀層が戻ってくることはないでしょう。

今後、司法試験の合格者を100人程度に絞っても、就職難という惨状を見てしまった若い才能を法曹界に戻すには、もう手遅れ。

不幸なことに、法曹界の崩壊を止める術はないと思われます。

6970 人格教育の中身

ローでいう人格教育の中身とは、「教授に逆らわず、何をされてもあーありがたいといえる人間になること。軍隊のごとく特別権力関係で規律される2.3年に耐えうる忍耐力を養うこと」です。
 人格教育って、ご自分が人格ができているとでも、、学生に嫌がらせする人格の方に教育されたら、人格が歪むでしょう。
 世間知らずは学者です。さすが閉鎖的な社会で生きてきただけある。いいかい。一般社会の人間は、お金もらって働くとき、それは一生懸命、怒られながらも汗水たらしてがんばってるの。
 学者がバカにする予備校講師が持つプライドというのは、「受講生から批判される講義などしたくない。ニーズに答えてみせる」というもの。ローのあほ学者のプライドは「受験生くずれごときに批判されたくない。」という恥じしらずなプライド。
 お粗末な講義して、批判を権威でねじふせて恥ずかしくないかい?全部とはいわないが、ロースクールの教授など、最低の人種。
よくそれで生業として成り立っていますよ。
 あー、恥知らず。。。いつまでも税金泥棒してるんじゃないよ。

6971 三流大ローの暴走を何とかしてください

学部生に入学のお願い?気はたしかですか?受験資格剥奪される可能性がないとでも?法務省、文科省さん、なめられてますよ。
自分の職場を守るためには、学生の将来をつぶしても平気だと?
気はたしかですか?
弁護士先生さあ、そんなに教えたいんだったら、塾でも開いて個人的にやればあ?
 法務省も文科省もさっさと潰せばいいのに。。

6974 ご質問

猪野先生

誤って2011年の記事に投稿してしまいましたので、こちらに改めさせてください。

概ね、弁護士の数については、仰る通りだと思います。

しかし、私は、合格者の数より質が問題と考えていますが、以下の考え方はいかがでしょう?

すなわち、私は今年の合格者ですが、他の分野のプロフェッショナルで、弁護士はなりますが、いわゆる弁護士として収入を期待してません。つまり、現在のプロフェッショナルにスパイスを加えるイメージです。

私は夜間社会人大学院を出ましたが、多くはそれぞれプロフェッショナルを持った方ばかりでした。

合格しても、企業の法務部で七年だったら認定弁護士になるつもりの方とか、医師を続けつつ、副業程度に弁護士をするつもりの方など、学部卒でそのまま弁護士になるつもりの方は少数派です。

そこで、私の考えは、学部卒で法科大学院にストレートで行く道を塞ぎ、社会人経験を最低5年くらい経験した方に法科大学院への道を開けば良いのではないでしょうか?

それが法科大学院発足の主眼だったはずです。そうすれば、適切な人数に淘汰されて行き、2000人合格でも問題ないと思います。半分も弁護士にはならないでしょうきっと。

猪野先生のご意見お願いします。

6979 どこかで菊間氏の記事を見たのですが

昨年の記事でしたでしょうか。猪野先生が菊間氏のことを批判されていましたが、そんなことは大したことではないと思いました。
 私が彼女を許せないのは、「ロースクールにはお試しで軽くいってみればいい」と発言されたことです。
 こんな無神経な方はいないでしょう。
 高額の学費がかかるローに「お試し」でいける富裕層がどれほどいるというのです?
 ローに人生を狂わされた人がどれくらいいると思っているのです?他人様の人生に対してよくもそんな無責任なアドバイスができますね。
 私は、富裕層のご令嬢からロー進学を相談されたときに「自分で調べて自分で判断してほしい。私は死んでも薦めない。」と突き放しましたよ。その後、その子のお母様から、感謝のお言葉をいただきました。
 「お試しでいけばいい」などと私は口が裂けても言えません。

 「誰と仕事をやりたいか」という上から目線には、笑いが出ました。芸能界に近いところにいたのなら、そんな選択権をもっているのは、テレビ業界ならデイレクター、映画なら監督、舞台なら脚本家くらいのものということはわかりそうなものですが。。
 弁護士会の大御所の人でもさすがにそういう発言はされないでしょう。
 究極のポジテイブさは、もちろんプラス気質ですが、他人の痛みにつきあう職業には向いていないと思います。
共感力なくしてやれる職業ではないのでは?
とにかくローを擁護するのはやめてほしいです。
当初きれいごとでおっしゃっていた少年事件に必死でとりくんでおられたら、尊敬するんですけどね。がっかりです。

6981

上位ローでも合格率が5割台とは・・・
大学時代、就活の片手間に勉強していた人たちと比べ必死に勉強していた優秀なロー志望の人たちが犠牲になるのは日本全体にとってもマイナスだと思います。
数か月の就活した後の人生よりも2、3年間苦労して勉強して法曹になった人生の方が悲惨である現実を優秀な学生は知るべきです。
あと、2000人合格はどう考えても異常事態、100人、200人で十分。
ちゃんと選抜しないと国民にツケが回ってくる。

6983

今ロー存続を主張してるのは甘い汁吸いたいだけの14歳

6990 自分の食い扶持くらい自分でさがして

ローの教授の先行きなんぞ知ったことではない。
世の中には一生懸命がんばっても仕事にありつけない人もいる。
学生に迷惑をかけて収入を得て、そんな人生楽しいですか?
週刊誌ネタ満載の基本書を自分の教え子に推薦させて、恥ずかしくないですか?
世間一般では、教授の社会的地位は高いが、ローの教授など社会貢献度は最下位といえるだろう。
 さっさと募集停止してくださいよ。忌々しい。
 

6992

たぬ作さんへ 回答が遅くなりました。

 司法審意見書の当初の目的は、多様なバックグラウンドなどという言い方をしていましたが、要は企業の担当者に「法曹」ないしは「弁護士」と名乗らせたかったというだけのことです。

 その意味では当初の目的なるものがほとんど無意味だったことがこの間、実証されたと思います。
 むしろ、本当にそのような分野で法的素養が必要であれば、法学部ないしは大学院の改革で足り、法科大学院までは必要ありませんでした。

 他の職業での経験を積んでいるかどうかは法曹の質としてはほとんど関係がなく(結局、経験といってもその分野だけですし。)、法学部卒やあるいは社会人未経験者に門戸を閉ざす理由はないと思います。

6994

 ローの教授の食い扶持の話はおもしろいですね。

 法科大学院制度なんか導入したから、自分の首が絞しまってしまったということに気づいているんでしょうか。

6996 気づいている人とそうでない人がいます

コメントいただいて恐縮です。
ローの教授の汚いところは、自分より権力者、たとえば法務省、文科省、有名な学者には牙をむかず、弱い立場の学生にいろいろな不利益を課してくることです。
 補助金獲得のために、学生の単位を落としてむやみに留年させたり、合格率が悪いのは、地頭がよくない学生しか集まらないからだと学生をののしったり。。
そんなことを言うなら、中下位ローで教壇に立つなという話です。
 そもそも講義を聴いても一つももってかえれないってどういうことですか?こんな悪質な講義、学部時代に聴いたことがないですよ。さすが三流大学。
 受験生が予備校へ流れるのは自然のなりゆきでしょう。
 だったら、結局、ロー制度で重い手かせ足かせができた分、
旧試験時代よりも悪い制度になっているということなんです。
普通の良心があったなら、学生に負担をかけたくないと考えるはずなんです。
 こんな良心のかけらもない三流五流学者、えせ弁護士など、子孫末代まで呪ってやりますよ。
 学生の怨念を甘くみるんじゃない。

7008 たしかに、そうですね。

資格試験である以上、たしかに、合格した人たちの身分は安定しないと困りますね。
それに、資格試験に合格して嬉しいのは、その資格に価値があるからです。
予備や法科大学院存続については私は特に意見はないですが、合格者は、1000人くらい?がたしかに妥当なのでしょう。
今年は、皆あまり気づいていないですが、ロー卒は1920人しか受かっておらず、ついに2000人の大台を割り込みました。
どうせ少なくするなら早めに越したことはないですね。

7009

そもそも法学部の方が要らないのでは?
ちまたでは阿呆学部ともいわれ、学位をとっても法知識なんて誰からも期待されていません。法学部卒でも裁判員に平気でなれますからね。
要するに、大学自体がまともな職能教育は出来ない、というのが常識でしょう。
少なくとも二つは要らない。

7014

今のように日韓関係が悪化する前、韓国がルックイーストでローと裁判官制度を導入する際、視察に行って来ました。
韓国は、たしかにあの通り、やたらと日本人に敵対心を燃やしますが、制度やビジネスなどは、先に行く日本のいいところは真似し、日本が転けたところは反面教師にしています。
韓国は、法科大学院を作りたい大学院は法学部を廃止することを義務付けました。
また、ローの総定員は2000人と、一時期の日本の三分の一程度です。韓国の人口は日本の半分なので、日本でいえば4000人くらいに値します〔今の日本はそれに近づいて来てますね〕。

今こそルックウエスト、というわけではないですが、韓国を見習い、法学部を廃止すること、定員減を真剣に考えるべきときでしょう。

7017 とにかく下位50校を潰すべき

なぜ法学部を出たうえに高い金出して、聞くに堪えない講義を聞かされなくちゃいけないんだ?
 ふざけんな、てめー、このやろー。って思っている学生がどれだけいるか。
 無免許学者(司法試験に合格していない試験委員でもないくそ学者)がなにえらそうに司法試験をかたっているんですか。ピントがずれていることに気が付かないんですか?
 うちのローの民訴学者の本、古紙回収車の人に処分してもらいました。アマゾンなどで売ったら、まちがって誰かが買って被害を蒙ったらいけないから・・。
ロー自体要らないと思うが、とりあえず龍谷ローを基本に15人以下のローは速やかに撤退すべし。
 なんで国民がくだらない講義しかできない三流学者と出稼ぎ弁護士の給料負担しなきゃいけないんだよ。
 俺、おかしいこと言っていますか?猪野先生。
 

7042

 教えることのできる人材は限られていますね。

 司法試験に合格していない学者でも一流の学者はいますが(多分、彼らにとっては司法試験なんぞ、学部の定期試験レベルです。)、逆に司法試験という技術的なものの意味をわからないまま教えているとピントはずれてきます。
 教える側の人材をどのように想定していたのか、全く不思議なのがこの法科大学院制度です。

7058 国民が声をあげるべき

法科大学院批判の根拠として、税金の無駄遣いということはあげられますが、学部生、院生(その保護者)が法科大学院のために経費を負担させられているということは、クローズアップされません。
 私は、都内の某大学を卒業しましたが、昨年あたりから寄付金のお願いや「法科大学院へ入学しませんか」という案内がうるさくて
憤りを感じています。
 法科大学院生ばかりが消費者被害の被害者といわれるのは、納得がいきません。
 法科大学院のため(教授の給料支払いのため)に学費を負担している学部生、院生こそが被害者です。
 保護者はそういうことが見えない人がほとんどです。
 また、奨学金の返済を踏み倒す法科大学院生も多いとききます。
 こんな悪質な法科大学院制度や教授、学生を放置しておかれるのでしょうか?
 猪野先生は、記事を拝見していて、まともな良心的な弁護士さんだと思いましたので、思うところをぶつけさせていただきました。
 もっと、弁護士さんたちが動いていただけないものでしょうか。

7061 法科大学院をめぐる金の汚さ

補助金搾取くらいで、何騒いでいるんでしょうか?それは序の口です。
学費をきちんとおさめた者とそうでない者との差は、それはひどいですよ。
「学費免除」のはかに「奨学金返済免除」という制度があり、借りても返さなくていいというのもおかしな話なんですが、この優遇措置は、隠されていてあまり指摘されません。
そして、修了生の返済踏み倒し。これら、すべて決済先は独立行政法人です。すなわち、水面下で、税金が湯水のように使われているのです。
 独立行政法人側も同じ穴のむじなですから、これらを表だって公表しません。
 どこまで、汚いんですかね。
教授からすると、入学してくれる人は、自分の職場を維持してくれる神様だから、国から搾取したお金をさらに学生にばらまいて、釣ろうとしています。
 「入学のお願い」をするときのうたい文句は、「経済的負担はさせない」です。あんたが身銭きるみたいにいうんじゃない、といってやりたいです。これ弁護士ですよ。
猪野先生もこんな汚い弁護士が同業者というのは嫌ではありませんか。
 

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら