弁護士 猪野亨のブログ |

このブログは12月17日に閉鎖となります。 移転先 http://inotoru.blog.fc2.com/

節電する気もないのに?

2011.04.17 Sun

09:01:50

 いくつかのコメントの中で、節電する気もない、生活水準を落とす気もないのに、原発反対などというな、というものがありました。
 原発推進する財界の方々か、東電の回し者、その利権に群がっていた政治家の方々、それを擁護してきた御用学者、など考えられるところです。

 私の見解を述べておきますと(何度か述べているのですが)、
 ,修發修盡業に安全などありえず、結果がこの高コスト、エネルギーの無駄を招いている以上、原発が石油に代わる代替エネルギーとは到底、いえないこと。
 この点で、原発推進派は、全く問題が起きていない、起きないという原発を想定して、石油に代わる代替エネルギーと強弁しているだけです。
◆\疆鼎賄たり前
 しかし、「個人でお前がやってみろ」というコメント(意見)には驚きました。
 個人でどうこういう問題ではなく、全体で考え、節電すべきことであって(そうでなければ効果は出ませんよね。)、個人の努力で何とかしてみれ、などという発言は、単に原発反対を主張する者をすり替えの論理によって黙らせようという悪質なものでしかありません。
節電のためにこそ、無駄な生産をやめること。
 過剰になった自動車をさらに売るために生産し買い換えさせる、必要がないものを必要という気にさせて買わせるなど、ことさら消費を煽っているのが現状です。
 生産が単なる金儲けのためだけの手段になったものであり、このような壮大な無駄な新自由主義的な発想の転換が必要です。
 とにかく消費志向の拡大では、エネルギーの浪費です。
 財界がなおも原発にこだわるのは、この金儲けの手段がなくなるからに過ぎません。
 米国での消費と、それを支える外国での生産ですが、その構造も米国経済の破綻で陰りが見えてきていますが、それにしても、何故、米国の旺盛な消費欲を満たすために世界が働くのでしょうか。無駄です。
ぁ\験菴綵爐鰺遒箸后
 で述べたこととも関連しますが、消費志向の拡大だけという発想からは、それらが利用できなければ生活水準を落とす、ということになるのでしょうが、そのような発想自体が、物欲にまみれたものでしかなく、その発想の転換が必要でしょう。
 もちろん、持たない人が持つ人を羨む気持ちが生じるのは当然の人情です。クレジット、サラ金問題の中の浪費による負債増加は、その現れでもありました(これでもか、これでもかという消費を煽る宣伝のもとで浪費に走ったからといって、その人個人の問題に矮小化させてはいけません。クレジット、サラ金問題はあくまで社会の問題でもあったということです。)。
 それを格差社会が勝ち組、負け組のような発想で、助長していました。どこぞやの高級マンションに住むことが勝ち組の象徴であるかのような風潮は、誠にもって下品そのものです。格差社会の是正も不可欠の前提です(みんなで浪費しようという発想ではないですよ。)。
 その意味でいえば、食料も同じです。エネルギー以上に代替性はありません。
 金のある人が食えて、金のない人は食えない。金のある国に生まれたら食えて、金のない国に生まれたら食えない、というのは明らかにおかしなことです。
 少ない食料であれば、等しく生存できるように分ける、もちろん個人でできることでありませんが、悪質すり替え論者の発想からは、「だったら自分が食べる分を減らして、食えない人に分ければいいだろ。」とでも言うのでしょうね。


ブログランキングに登録しています。
投票をお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログへ


オススメ情報

コメント

2066

東京の只野弁護士による原子力損害賠償の解説
http://www.ustream.tv/recorded/14038335

とやかく言ってる方は是非一度ご覧になった方がよろしいかと。

2067 省エネ社会に移行しつつ、全ての原子力発電を火力発電に移行すべき

大切なことは、省エネとともに少しずつ原発を廃棄していくことです。


「原発はエコで安上がり」大嘘だった! 火力発電より高コスト」

発電コストについて、大島教授は電力会社の有価証券報告書、政府の原子力発電への財政支出、原子力発電の立地から運転、使用済み核燃料の処理にかかった実際の費用(1970〜2007年度)の分析結果を紹介。

「(発電量1キロワット時あたり)原子力が10・68円、火力9・9円、水力7・26円になる。原子力発電の夜間の発電電力を利用する揚水発電のコストを含めると原子力は12円になり、一番コストが高い電源となっている。
発電単価でみても原子力は安価ではない」と強調しました。

CO2排出量について、大島教授は経産省などの発表した数字を批判。「原発の発電コストが80%稼働率など現実性のないモデルで試算されている。CO2排出量の試算も古いデータや信頼性のないデータ、非公開データや計算法が不明なものが多かった」と指摘しました。

http://kanasokunews.blog11.fc2.com/blog-entry-422.html

2072

節電は、個人か全体かという二者択一の問題ではありません。個人レベルでやれることはいくらでもあるし、みんなが意識すればかなりの節電量が期待できます。

2083 別の通りすがり

> 原発推進する財界の方々か、東電の回し者、その利権に群がっていた
> 政治家の方々、それを擁護してきた御用学者、など考えられるところです。

その種の人たちが, このブログに書き込む可能性は分かりませんが、
以下、ご参考まで。

ttp://www.asahi.com/national/update/0417/TKY201104170324.html
> 「原子力発電は今後どうしたらよいか」という質問で四つの選択肢から
> 選んでもらうと、「増やす方がよい」5%、「現状程度にとどめる」51%、
> 「減らす方がよい」30%、「やめるべきだ」11%。日本は電力の
> 3割を原子力発電でまかなっていると紹介したうえで同様の質問を
> した2007年の調査では、「増やす」13%、「現状程度」53%、
> 「減らす」21%、「やめる」7%で、「減らす」と「やめる」の合計が
> 28%にとどまっていた。

ちなみに、私は仕方が無い派なので、(安全性を向上させる)
「現状程度」と(危ないものは, 止める)「減らす」です。

過去の歴史から、原子力事故は原発だけではない点をご存知かは
分かりません。

2084 別の通りすがり

今回の件で、原発反対と叫ばれ始められた方々の一部の方に、
何があるか、大体分かりました。

恐怖心ではないかと考えます。

100mSv/年での0.5%の発ガン率増加で、
「1000人に5人、がんになる人が増えるではないか?」と
おっしゃる方もいますが、残念ながら、確率論であれば、
これは、誤差の範囲と考えます。
これ(増加率との表現にご注意)は、「その旨の放射線を
浴びない人でもガンになる」「生活習慣も人によって異なる」
などと同時に、下記などもご参考まで。

ttp://twitter.com/#!/onsenkoi/statuses/48204089850478592
> 100mSvだと0.5%程度?それって基準になる時間は?100mSv/y(年)と
> 100mSv/h(時)は別物でしょうに。はっきり区別しようよ。
> <放射性物質から身を守るための正しい知識を紹介>
> ttp://nico.ms/nw42193 #niconews

ttp://news.nicovideo.jp/watch/nw42193
> 被ばくした放射線量が高いほどがんになる危険性が高まると
> 考えられるが、その危険性は100mSvの放射線量で0.5%程度。
> これは生活習慣を原因とするがんの危険性よりも
> 数十分の一程度低い値で、過度に心配する必要はない。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E9%98%B2%E8%AD%B7%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
> 2007年の勧告では、1年間に浴びて問題ない放射線量を平常時は1mSv未満、
> 緊急時には20〜100mSvと定めている。

つまり、この基準は、一度(h, 時)ではなく、
y, 年です。

最近のニュースからも私たちの身の回りには、
放射線より怖いことがあることはご存知かもしれません。

もちろん、この0.5%より、タバコの発ガン率は
確か3〜数倍程度と記憶しています。

放射線がその旨怖いのであれば、
私なら、その旨注意した生活をするとともに、
自然治癒力を高めるために、
体を動かせるなら、適宜体を鍛えます(福島県内
であれば、屋内など)。

福島第一の事故を肯定する訳ではありませんが、
残念ながら、福島第一に関係なく、自然からも宇宙からも
放射線は降り注ぎます。
福島県の一部地域より、日本の今の首都圏より、
放射線量が高い地域は世界にあります。

一度、各地域の放射線量の時間変化をご確認下さい。
3月から驚くほどに減少しています。
それが分かった瞬間、「4月中旬でも、怖がるだけの
ことは如何なものか?」と思いました。

私は放射線が怖くない訳ではありませんが、
偉い先生がおっしゃる様に、
「正しく、怖がる」ことをお勧めします。

無闇に怖がられ、精神的にナーバスになられることで、
体調などを壊されないことをお勧めします。
(確か、偉い先生も、これは3月頃テレビでも言ってた様です。)

2087 原発が存在しなければ、福島原発の周囲30Kmに人が住めなくなる事は無かった事実

早い話、日本から原発を除去すれば良いのです。

福島原発を含む日本の原発が既に廃棄されていたら、今回の大震災の模様はどう変わっていたか、皆さん想像された事はありますか?

もし原発が廃絶されていれば、、、

茨城県の農家が放射能に汚染された野菜を出荷するしないと騒ぎになる事も無く、漁師が放射能汚染された魚だと市場で水揚げ拒否される事も無く、福島原発周囲30Kmに住んでいた何万人もの人が路頭に迷う事も無かったでしょう。

”ヒロシマ原爆”の材料を燃料とする原発は、爆発したらどれほど長く大きく被害を出すか、今回の事で理解できました。

スリーマイル島の原発事故、チェルノブイリ原発の事故、福島原発の爆発事故。

原発は原爆と同じ危険性を持っています。

一刻も早く、省エネとともに原発から火力発電への移行が必要でしょう。


『原爆(原発)は、日本にはいりません』

2088

>今回の件で、原発反対と叫ばれ始められた方々の一部の方に、何があるか、大体分かりました。
恐怖心ではないかと考えます。

 だけではないと思いますよ。実際の福島の状況をみれば「恐怖心」だけで片付けられるとは思えません。
 それにいろいろ、解説して頂きましたが、自然界に存在するもの以上に、敢えて放射線をばらまく必要性(原発依存)もないにもかかわらず、「安全」と言われても説得力は感じません。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら