弁護士 猪野亨のブログ |

このブログは12月17日に閉鎖となります。 移転先 http://inotoru.blog.fc2.com/

オリンピックが決まった途端にこうなっちゃうの!?

2013.09.11 Wed

12:24:59

 2020年の東京オリンピック開催が決まりました。
 しかし、私は、この東京オリンピックについては胡散臭いものとしか感じていません。
東京五輪招致、大震災復興に関連づけることに不快感

 この東京オリンピックによって消費税大増税路線が規定路線になったと思いましたが、やっぱり自民党を中心に消費税大増税は規定路線となりました。
消費税増税の追い風に 政府高官「上げない理由を探す方が大変」」(産経2013年9月9日)
2020年夏季五輪の東京開催決定、9日発表された今年4〜6月期の国内総生産(GDP)の上方修正という“追い風”を背に、政府・与党内では、来年4月から消費税率を予定通り8%に引き上げる環境が整ったとの見方が大勢となりつつある。安倍晋三首相は、日銀の企業短期経済観測調査(短観)が発表される10月1日に最終判断を下すが、政府高官からも「(税率を)上げない理屈を探す方が大変だ」との声が上がっている。

 それからまたまた一般受けを狙った「スポーツ庁」の設置。
 安倍総理は、文部科学省の下に「スポーツ庁」を設置し、所管大臣に下村文部科学大臣とするそうです。
五輪決定でスポーツ庁設置へ」(NHK2013年9月10日)
安倍総理大臣は、スポーツに関する行政を一元的に推進するとともに東京大会に向けた支援体制を整える必要があるとして、文部科学省の下に「スポーツ庁」を設置し、所管大臣に下村文部科学大臣を充てる方向で調整に入りました。
 もともと設置が決まっていたとはいえ、どの程度のものになるのか、縦割り行政の解消レベルなのか、はったりレベルなのかよくわかりませんが、国民全体がスポーツを楽しむことを享受するという点からはほど遠いような感じがします。

 続いて五輪担当相の設置だそうです。
五輪担当相 下村文科相が兼務へ」(NHK2013年9月11日)
政府は、IOC=国際オリンピック委員会の総会で、2020年夏のオリンピックとパラリンピックの東京開催が決まったことを受けて、10日、安倍総理大臣とすべての閣僚による会議を開き、政府一丸となって大会の成功に取り組むことを確認しました。
 いよいよ国威発揚のためのオリンピックといったところでしょう。以前であればこのような国威発揚などとんでもないということだったと思いますが、これが一般受けするというのは、時代の流れで戦前・戦中の暗黒時代への警戒感が徐々に薄れてきているということでもあります。
 旧東欧諸国やソビエトにおいてオリンピックが国威発揚に使われ、2008年の中国でのオリンピックも同じ。昔にさかのぼればナチスドイツ下で行われたベルリンオリンピック(1936年)。
 安倍自民党も同じようにオリンピックを利用した国威発揚を行おうとしています。
 あの軍国主義者安倍総理のはしゃぎぶりをみると、背筋が凍ります。
 それはそうでしょう。2020年という7年後であれば、憲法「改正」問題がどのようになっているのか、それに向けた政策のためにオリンピックが政治利用されるのは間違いなしですから。
 担当がよりによってあの下村文科相。極右の代表格でもあります。
極右勢力による教育支配と歴史の改ざん

 そして、今回の東京五輪に疑問を呈したブログを掲載すると、やっぱりやってきたのが、次のようなコメントです。

なんで目出度いことを素直に喜ぶことができないんだろう。
良くなるか悪くなるかはこれからのことなのに、情けないね。
どこかの国の人がいうのならわかるけど。


猪野亨は日本の恥


どこの出身なのか?


 オリンピックの目的がどこにあるのかが垣間見えます。このような人たちがごく少数であることを望みますが、オリンピックという高揚感の中で、冷静な判断ができるのかどうかが問われています。
 身近な例でいえば前掲消費税大増税問題。
 自民党では規定路線となっていますが、オリンピック招致に賛成した野党からは、
みんなの党の渡辺喜美代表は9日の党会合で「悪乗りして消費税を上げてしまえば困る話だ」とけん制した。」(毎日新聞2013年9月9日)という声も高揚感の前に掻き消されてしまいそうな様相です。

 2020年の東京オリンピックが終わったとき、日本に待っているものは何なのか、今から冷静に考えたいものです。


ブログランキングに登録しています。
クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

オススメ情報

コメント

6961 時代は変わった?

 49年前の東京オリンピックの時、私は小学生でした。心の底から嬉しい気持ちで一杯でした。当時のオリンピックは平和という理念が前面にでた祭典だったと思います。東西に別れたドイツが一緒になって一つの国として参加したことが象徴でした。
 今回の東京オリンピックでは平和の祭典という言葉はあまり聞こえてきません。どうしても違和感を感じてしまうのです。
 世の中が変わったのか、私の心が変わったのか、いくら考えてもわかりません。
 猪野さんのブログは考える上で大変参考になります。

6962 日本のメダルラッシュは永遠に無い

木っ端役人の焼け太りとばかりにスポーツ庁なるものを作ったところで、かつての東独のようなメダルラッシュは永遠にありません。手っ取り早くオリンピックでメダルを荒稼ぎするには、徹底したマイナースポーツ重視主義で、人気種目は出場さえしないのが早道ですが、日本のスポーツは趣味の範囲ですから、まず金メダルに届きません。
オリンピックが国家体制の優位性を示す絶好の舞台だった時代は、北京大会で終わりました。今更オリンピックでメダルを荒稼ぎしたところで、南朝鮮のように世界中の笑い者になるのがオチです。
東京大会は、消費税をとめどなく上げるための道具なのでしょう。

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

6984 開催は返上すべきだ

福島はどうするの、オリンピックだと浮かれていていいの、いちにち腹が立ってしかたがなかった。
オリンピック開催を返上して東電福島第1原発事故処理に全力を上げるべきだ!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら